彼女の手料理!

ウェブの仕事をしている僕はいつも仕事の帰りも遅いんですよね。
大体ほぼ毎日残業があるので、帰りは深夜になる事が殆どです。
美容師として働いている彼女の帰りも遅いので、二人で早い時間から合流して遊びにいくとかそういう事はあまりできません。
最近は彼女の働く美容室でも新しく美容師さんが入ったという事で、少し楽にはなって後輩の指導に残る日も少なくはなったようですが、基本的に彼女は自分の技術も磨きたい人だからお店が終わった後に残ってカットの練習をしている事も多いんです。
この前僕が残業終わって家に帰ったのが日付が変わる少し前でした。
玄関を開けると女性の靴があったので、彼女が来ているのが分かりました。
そう、彼女と僕はお互いの部屋の合い鍵を持っているのでいつでも自由に入る事が出来るのです。
部屋に入ると何と!
彼女が手料理を作って待っていてくれました。
どうやら今日は早めに仕事が終わったようです。
彼女の手作り料理はこれが二回目なのですが、疲れて帰ってきてからの手作り料理は嬉しいですね。
そもそも僕は今まで女性に手作りの料理を振る舞って貰ったなんてことはあまりなかったので、それはそれは嬉しかったです。
美容師と言えば手荒れがひどい職業と言われています。
>>美容師は手荒れがつらい<職業性皮膚障害について>
できるだけ水仕事なんかもさせないようにしたいなと思うくらい、インターネットで見ると酷い症状になる人もいるのだとか。
彼女も仕事で疲れているのになんか申し訳ないな、と思ったんです。
にも関わらず、手料理を作って待ってくれていたのです。
疲れているだろうからせめて家ではゆっくりして欲しいと思っていました。
でも、彼女は全然そんな感じは見せずに終始にこにこしていました。
僕も、もっとバリバリ働いて彼女に楽をさせてあげたいなと心に誓いました。