トップスタイリスト

・カリスマ美容師への道

一時期テレビや雑誌でカリスマ美容師なんてよく取り上げられていましたよね。
有名なモデルさんなんかもカットをして貰っていたりして、とても人気があったようです。

その頃の僕はそれほど美容師にも興味がなかったので「ふーん」といった感じでしたが、今はやっぱり彼女が美容師という事もあって美容関連のニュースやテレビなんかもよく見ます。

僕が付き合っている彼女は美容師をしているのですが、正に彼女はカリスマ美容師でありお店のトップスタイリストです。
高い美意識と独特の美的センスを兼ね備えていた彼女は、私が行きつけの美容室に途中入社してきたのですが、あっという間にカリスマ美容師への階段を登ってしまいました。

ちなみに、カリスマ美容師という言葉、今の10代は記憶にないかもしれません。
詳しいことはこちらのサイトで紹介していましたので、ぜひとも参考にしてみてください。

>>カリスマ美容師<全国ヘアサロンガイド>

・仕事モード

二人で会っている時はおっとりとした可愛らしい女の子である彼女ですが、美容室で見せる顔は少し違います。
まあ職場なので当たり前なのかもしれませんが、美容室ではとてもシャキっとしています。
そんな彼女にカットを頼もうと毎日大勢のお客さんが足を運んでいるみたいですよ。

予約も毎日何件も入っているみたいで、とても忙しいと言っていました。
それでも自分が必要とされている、という実感と自分の美的センスが認められたというのは彼女にとってとても嬉しかったのだと思います。

勿論私も嬉しかったです。
自分の付き合っている彼女がカリスマ美容師だなんてやっぱり嬉しいですよね。
自分の友人にも鼻が高いです。

ただ、少し忙しすぎるので彼女の体調なんかは心配ですね。
その忙しさといったらもう凄まじく、お昼ご飯を食べる時間は勿論小休憩する暇もないと言っていました。

僕などからすると劣悪な職場環境、と思ってしまうのですが、彼女はそれでも嬉しいらしいです。
まあ学生の頃から美容師になりたくて、美容師になったらこんな風になりたいというビジョンもしっかり持っていたようなので、今それに近づけたというのはとても嬉しい事なのでしょうね。

僕も出来る限り彼女をサポートしてあげたいなと思っています。
彼女目当てで来店するお客さんは沢山いるのですが、中には彼女のファンクラブのような人までいるようです。

さすがにそれには驚いてしまいましたが。
中には月に数回訪れるような強者もいるようです。

まあそれは変なファンではなく、純粋に彼女のカット技術や話術なんかにほれ込んでいるようなんで、少しは安心です。
それでも毎日休憩もろくにとらずに働くなんて、僕には絶対できません。

・あまり休憩がない

確かに美容師さんはお昼ご飯を食べないというのは結構よくあるようなんです。
お店のスタッフ全員が技術者の場合はともかく、技術者が少ない時はご飯を食べるような休憩時間をとる暇は全くないようですね。

まあ客商売なので、必然的にそうなってしまうのかもしれませんけどね。
それにしてもハードな世界だなと思ってしまいます。

やっぱり仕事中少しは休憩したいですよね。
忙しいから休憩できない、じゃなくて、忙しいからこそ休憩を取る必要があると思うんですよ。

勿論中にはそういう美容室もあるはずですけどね。
でも現実的には休憩なんてない、という美容室が多いようです。
まあこれから先時代の流れと共に変わっていくかもしれませんけどね。

とりあえず僕は彼女が体調を崩したり無理をし過ぎて倒れたりしないように願うばかりです。
営業時間中あんなに忙しくしているんだからお店が終わったらすぐに帰宅すればいいのに、と思うんですが、なかなか彼女は帰宅しないんですよね。

まあそれもきちんと理由があって、見習いの美容師がカットの練習しているのを横で見てあげたりとか、または自分がカットの練習をしたいとか理由は色々あるようです。

結局彼女が帰宅するのは深夜になってしまうんですよね。
まあ残業が多くて帰りが遅いのは僕も一緒なんですけどね。